<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 ライトアップされて、21時まで開園しているということで夕方前に行ってきました♪~
 以前紅葉の時期にも訪れたことがあり、当時も沢山のヒトで賑わっていましたが、入場制限まではしてませんでしたね(^^;。
 今回は入場までに少し時間がかかりましたが、日没前には入園して、見ごろのバラをマクロレンズや望遠レンズで撮影しまくり(三脚持参はしていない・笑)。今回は混雑しているでしょうから広角ズームや標準ズームは持参しませんでしたわ。

 ライトアップされる18時15分ごろまでは洋と和の庭園を撮影&散策して、完全に日が沈むまでは洋館やバラのライトアップされた部分を切り取って撮影でしたが、感度をISO1600までにもUpして乗り切りましたわ(^^;。
 ジャスコンサートまで催しているのか屋台まであってBeerも売られていましたね(買っていませんので誤解なきよう)。

 入園しかから2時間後に退園する頃には更に入園の列が塀がなくなるところまで更に長くなっていました(^^;;。150円で日常を忘れてロマンを感じさせるのですから、お安いものかもしれないわ!

 今度はバラと紅葉の時期にでもまた訪れてみたい♪~
[PR]
by inmyownwaycan | 2005-05-22 23:48 | Camera Photo
  先週末の香港の予定が先月初めには決まらずで念のため押さえていた休みで今日は横浜美術館で7月18日まで開催されている『ルーブル美術館展』 へ。

 ここ最近は「横浜に行く=スケートを観に行く」でしたが、みなとみらいに行くのはほぼ2年前の写真教室以来でしたし、みなとみらい線になってから行くのは初めて。

 平日と行っても開館時間の10時では行列が15分待ちになるほどで、早めに到着していても入場制限(^^;。
 観ている時間より並んでいる時間が長いのだけは勘弁ですもの!

 出迎えるのはアングルの『泉』。オルセーでみた記憶が(^^;;・・・
 今回個人的に惹かれ&おそらくみた記憶のあるはずのポール・ドラローシュの『若き殉教の娘』。ロンドンのテートギャラリー所蔵で有名な『オフィーリア』に似通うし(実際図録にも掲載されていた^^;)、神秘的なのです。

 1時間位で今度は中華街へ!
 平日にしかないランチが多いらしく、今回は牛バラ丼を食べましたが柔らかくてデリシャス。
 修学旅行生が目立った中華街でしたが平日に1人で歩くのは初めてだったわ。神戸の中華街も楽しいけれど、横浜は広くて道に迷いそうです(^^;。

 山下公園にも行きましたが、バラが身頃だったのがある意味複雑(苦笑)。
 というのもカメラはフィルムもデジイチも持っていったのですが、レンズはフィルムには広角ズームで白黒ネガ(爆)、デジイチも標準ズームのみだったもので、マクロか望遠レンズがほしかったです!!!!
 仕方なく望遠側で背景をぼかしておさめるのみ(^^;;・・・

 からまた少し電車に乗って赤レンガ倉庫へ!
 しかしみなとみらい線、駅によって個性が違うこと~場車道駅だとレンガが印象的なのですよ~駅のホームなどにしても吹き抜けが大きくとられていて天井が高いと明るいですわ。
 休日だと混雑しているけど、平日はまばらなレンガ倉庫でした(笑)。

 みなとみらいに戻ってきてここをみると、1週間前に訪れたパシフィックプレイス(香港のショッピングセンターの1つ)を思い出すものの、スヌーピーはいないですので(^^;。

 記にするかどうかは別ですが、なかなか充実した1日でした(^^)。
[PR]
by inmyownwaycan | 2005-05-20 23:59 | After Impression
13日からに2泊3日でちょっとそこまで楽しく逃避行してきました。

 個人的には夜景とグルメと足のマッサージなどがメインでしたが、しかしまあ、現地は蒸しており、外を歩くならキャミソール1枚だけど冷房がガンガン効いている室内は長袖がないと身が持たないです(^^;。
 今回ラッキーだったのは雨季にも関らず雨に降られなかったこと♪~それだけでもありがたい。
 それにしても東京は寒い・・・詳しくは記にかければと思います(^^)。
[PR]
by inmyownwaycan | 2005-05-15 23:31 | Travel
 ・空港からホテルまでの往復はエアポートエクスプレスでいけること。
 ・行きは午前便、帰りは午後便であること。
 ・地下鉄の駅からさほど遠くないこと。
 ・総費用10万以内(お土産込み)でいけること。

 を最低条件で探して、夜景など夕食がついている無料ツアーをジョイントして行って来たのでした。
 過去4回は香港島に宿泊していたのですが、九龍サイドに宿泊するのは初めてなので、それも楽しみ~

 キャセイなのに積んであったBeerは何故かA社のであった(^^;。
 揺れた拍子にこぼしてしまったものの、こぼしたのが赤ワインでなくて何よりでしたし、ワインはフルボトルからサーヴされるので、美味しさも格別に感じる。

 ホテルに到着してチェックインで応対してくれたお兄さんがイケメン(^^)。どうみても欧州の血が流れていると思われるほどアジアンな感じがなくて、ジョニーくんとまでは言わないにしてもショーン君を麗しくしたイメージでしょうか(どんなだ?)。例えが難しいです(^^;。

 部屋は20平米位で香港のホテル内にしては狭い方だけど、日本のホテルならビジネスホテル以上、シティホテル未満というところかな?

 16時にツアーのピックアップ。
 通常なら参加もしないですし、義務もないけれど、今回は夜景撮影が1つの目的でもあったので、ウェルカムドリンクなどのサービスのチケは着いて来たかなど、確認してくれたこともあったので、結果オーライでしたわ~
 宝石店などもいかれましたけど、買い物の義務はないのでホッ。
 夕食は某有名店でのマンゴープリン付きでしたが、日本でも食すことが出来るの為特別な感動はなかったですが、何を食べればいいのか悩むだけのヒトには今晩はこれで正解(笑)。

 ビクトリアピークにも行ったものの、霧が凄くて視界がお話にならないほどだったので予定を変更。幸い私たち2人だけなのでわがままを聞いてくださったのはありがたい。

 昨年から始まった毎日20時からはじまる夜景ショーの「シンフォニーオブライツ」。香港島の高層ビル群が一斉に点灯沢山のレーザー光線が放つ。
 昨日までの4日間は雨で開催されてなかったのですが、幸い雨に降られなかったので、ありがたく拝見しましたわ!

 初めて香港に来た時も今はインターコンチの、リージェントホテルのロビーから夜景を見て見惚れたことを思い出しました(^^)。
[PR]
by inmyownwaycan | 2005-05-13 23:34 | Travel
 日記に書きそびれていたのですが、今月29日まで国立西洋美術館で開催されている『ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展』、World開催の3月中旬に鑑賞に行ってきましたが、“いかさま師”に会うことができて感無量でした(爆)。

 事前に前売券を買った時のチラシには出品する旨はなかったですし、意表をつかれました。

 “いかさま師”、つまり「ダイヤのエースを持ついかさま師」なのですが、以前ラリック杯観戦時の日記にも記載しましたが、初めてルーブル美術館を鑑賞時(10年位前)に個人的に1番印象に残った作品である。まさかわずか1年4ヶ月ぶりに東京で再会できるとは思いませんでした・・・
 Parisに訪れる度に必ず鑑賞している作品なので、これで観るのは5回目。
 
 「光と影の世界」とチラシには記載されていますし、写真は光と影の世界ですが(特にモノクロ)、絵画にしても光と影は無視できるどころか大切なことでしょう、ましてや当時は蝋燭1本の灯りの世界で、電気がなかったのですから!

 光と影の対比を実感させるには十分な展覧会でした(^^)
[PR]
by inmyownwaycan | 2005-05-07 23:59 | After Impression
 公後に『ゴッホ展』に行ってきました。

 平日の夜間も混雑していますが、入場制限がないだけマシかもしれませんね(^^;。

 チケットの刷り出しにも使われている「夜のカフェテラス」(←日本で公開されるのは半世紀ぶりとか?)、書籍などで以前から気になっていた作品でしたので有難く鑑賞。黄色と青が印象的なのはフェルメールもですがオランダ出身の画家さんの特徴なのかというのはさておき、カフェの明るさと夜が“光と影”を象徴しているからというわけではないですけど、アルルに居た時に描かれたこの作品、青と黄色が1番印象に残るのです・・・
 カフェが妙に明るく感じるほど、黄色がゴッホにとっては希望の色
だったのでしょうし、反対に青はココロの闇を現しているよう。

=====

 夜は日テレで放映された『Shall we dance?』を観てしまった。
 今思うと出演者さんたち、濃いキャラばかりですね(^^;。
 それでも噛み合っているのがすごい!

 リメイク版も機会があれば是非観たいところだけど、どうなることやら(^^;。
[PR]
by inmyownwaycan | 2005-05-06 23:59 | After Impression
というのは国内外問わず私のお出かけによく使うフレーズですが(笑)、風車とチューリップを見に行きたくなって行ってきました。

 首都圏の日帰りなので当然オランダでもハウステンボスでもなく、千葉県にあるとある公園で撮影してきたのですが、チューリップは残念ながら終わっており(泣)、風車だけムリヤリ撮影してきたのでした。

 まあ去年Victoriaでチューリップは沢山見たのですが、やはりチューリップと風車、ベストコンビですものね!来年撮影リベンジしたい構図ができてしまいましたわ(^^;。

 その後はシメということで両国まで行って駅内にある地ビール3種を呑んできましたが、不戦勝&消去法で濃いデュンケルが好みだったわ~

 去年のCSOIでもそうでしたが、今年もBeer抜きで語れないG.W.になったのでした(爆)。
[PR]
by inmyownwaycan | 2005-05-05 23:00 | Camera Photo